初心者のためのノーロード投資信託購入のガイドサイトです

ノーロード投資信託購入ガイド
トップページ | 信託報酬に気をつけよう | 投資信託の選び方 | 分散投資について | 管理口座は少なく | インデックス型ファンドとアクティブ型ファンド | 積立型投資信託

日本でも本数が増えてきたノーロード投資信託
ノーロード投資信託(販売手数料無料)ノーロード投資信託とは販売手数料が無料の投資信託のことです。
米国などと比べて日本の投資信託は販売手数料が高い、ノーロード投信が少ない、と言われていましたが、ネット証券会社をはじめとして日本でもノーロード投資信託の本数が徐々に増えてきています。銀行や証券会社、郵便局など金融機関の窓口で購入すると2〜3%という高い販売手数料を支払うことになります。例えば100万円投資するとしたら2〜3万円の手数料を支払うことになり、実際の投資金額は97〜98万円となります。ノーロード投資信託でしたら100万円分そっくり投資金になります。

[ノーロード投資信託取扱本数]

  取扱投資信託本数 ノーロード投資信託本数 積立投資信託本数
楽天証券 1040本 252本 900本以上
SBI証券 1056本 238本 977本
カブドットコム証券 414本 129本 186本
マネックス証券 428本 134本 184本
フィデリティ証券 260本 82本 254本
セゾン投信 2本 2本 2本
ひふみ投信 1本 1本 1本


●インデックス型投資信託で長期的資産形成を
20代・30代、あるいは40代の方々など、長期的な資産形成を目指し投資信託を購入していくのでしたら、インデックス型投資信託を月々一定額(5千円とか1万円とか)積立購入するのがお薦めです。
インデックス型投信とは、特定の指数に連動させることを目指す投資信託で、国内で言えば日経平均株価やTOPIXの指数に連動することを目指す投資信託ということになります。例えば、日経225インデックスファンドやTOPIXオープンなどがあり、各証券会社のサイトで「インデックス」「日経225」「TOPIX」などのキーワードで検索するとその証券会社で販売しているインデックス投信を探すことが出来ます。
また、外国株式のインデックス型投資信託ならば「MSCI」で検索すると探すことができます。

●インデックス・バランス型投資信託ならばセゾン投信
国内株・海外株・国内債券・海外債券など、8本のインデックス投資信託へ投資することで、リスク分散しているのが「セゾン投信」のバンガード・グローバル・バランス・ファンドです。長期資産形成を目指すにおいては、より安定した運用によるリターンを求めたいものです。例えば国内の株式が低迷が続いても、海外株の好調でカバーできるのがこのようなバランス型投信です。セゾン投信は月々5千円からの積立が出来ます。

低コストのインデックス型投資信託を利用して、国内外の株式や債券へ長期分散投資する若い投資家が選ぶ、『投信ブロガーが選ぶ!ファンド・オブ・ザ・イヤー2009』。こちらを参考に購入するインデックス型投資信託を検討してみるのも良いと思います。

ノーロード投資信託を購入するときは「信託報酬」にも注意を

投資信託にかかる手数料としては、「販売手数料」のほかに、「信託報酬」「信託財産保留金」があります。「信託財産保留金」は投資信託の解約時に支払う料金です。「信託報酬」は投資信託の運用・管理にかかる費用で、投資信託を保有している期間に支払う料金のことです。例えば、100万円のノーロード投資信託を購入し1年複利6%で20年間運用したと仮定すると、信託報酬2%の場合219万円に、信託報酬0.5%の場合290万円となります。実にその差額71万円にもなります。 つづきを読む >>

投資信託選びのチェックポイント

インデックス型ファンドの場合は、連動する指数と乖離していないかをチェック。アクティブ型ファンドの場合は、シャープレシオという指数をチェックします。(インデックス型ファンドとアクティブ型ファンドの違いについてはこちら)。
また純資産総額の増減や、分配方針もチェックしましょう。 つづきを読む >>

投資信託購入における分散投資について

リスクの分散、そして安定的な資産運用という考え方から、「日本株式投信」「外国株式投信」「外国債券投信」の3つのタイプの異なる投資信託へ分散して保有することをベースとして考えれば良いでしょう。
投資信託を購入する金額が限られている方は、「資産分散型投資信託(バランス型投信)」を購入しても良いですね。 つづきを読む >>

管理口座は少なく?

所有したい投資信託を購入しているうちに、各々の投信を管理する口座がバラバラになって、所有する投資信託の管理が面倒になる場合があります。また複数の証券会社や銀行に口座を開くのは面倒だという方もいらっしゃると思います。投資信託は口座を移管できない場合も多いですので、そういった点もあらかじめ考えておきたいですね。 つづきを読む >>

インデックス型ファンドとアクティブ型ファンド

インデックス型ファンド(インデックス型投信)とは、特定の指数に連動した投資成果を目指す投資信託です。指数の例としては、東証株価指数(TOPIX)や日経平均などがあります。
アクティブ型ファンド(アクティブ型投信)とは、運用担当者が市場の平均以上の運用成績を目指す投資信託です。でも、アクティブ型ファンドがインデックス型ファンドより運用成績が良いとも限らないのですから面白いといえば面白いですね。また、アクディブ型ファンドはインブックス型ファンドより、信託報酬が高く設定されています。 つづきを読む >>

積立型投資信託

投資信託購入といえば、大きな金額を用意して購入するとイメージを持っている方も多いのですが、1口1万円前後から購入できる投信も多いですし、毎月5千円〜1万円ずつ積み立てていくことができる自動積立投資信託もあります。代表的な自動積立投資信託としては「セゾン投信」「ひふみ投信」があります。また「カブドットコム証券」「楽天証券」「マネックス証券」「SBI証券」も自動積立できる投資信託があります。昨今は積立投信への注目が高まり、各ネット証券会社は1千円からの積立投信をはじめています。自動積立投信は、投資する投資信託の銘柄を選択し、毎月一定を額を銀行口座やクレジットカードから引き落としするようになっています。 つづきを読む >>

月々5000円から積立できるセゾン投信
ひふみ投信

▲ このページのトップへ

【投資信託関連ニュース】
・NISA口座(少額投資非課税制度)が年明けから始まります。NISA口座利用に最適と言われている金融商品が投資信託。とはいえ、NISA口座にはメリットとデメリットがあるので、その点をよく確認してからNISA口座を利用するかどうかを決めるといいのでは。(12月30日)
・日興アセットマネジメントが武蔵大学経済学部で投資信託の講座を開始したそうです。同社の部門責任者が商品設計をはじめ、運用、トレーディング、マーケティングまで講義するそうです。(9月23日)

[PR] トヨタ・ハイブリッドカー・ファンド ジョインベスト証券 お得で人気のETCカードを比較して選ぶ  

ノーロード投資信託取り扱い金融機関
 フィデリティ証券
 セゾン投信
 ひふみ投信
 マネックス証券
 楽天証券
 カブドットコム証券
 SBI証券
コンテンツ・メニュー
 信託報酬に気をつけよう
 投資信託の選び方
 分散投資について
 管理口座は少なく
 インデックスファンドとアクティブファンド
 積立型投資信託
 ファンド・オブ・ザ・イヤー 2009
 
 運営者プロフィール
リンク
 相互リンク依頼とお問い合せ先
 お役立ち相互リンク集
 

 ● 運営サイトのご紹介
 通販型自動車保険への乗り換え
 公共料金支払いクレジットカード比較


Copyright(c)2008 ノーロード投資信託購入ガイド All Rights Reserved.