初心者のためのノーロード投資信託購入のガイドサイトです

ノーロード投資信託購入ガイド
トップページ | 信託報酬に気をつけよう | 投資信託の選び方 | 分散投資について | 管理口座は少なく | インデックス型ファンドとアクティブ型ファンド | 積立型投資信託

トヨタFS・ハイブリッドカー・ファンド 投資信託



「トヨタFS・ハイブリッドカー・ファンド」は国内上場企業のうち、ハイブリッドカー関連ビジネスの恩恵を受ける企業の株式に投資し、投資信託財産の中長期的な成長を目指す投資信託。

アメリカではオバマ大統領が「グリーン・ニューディール」を提唱し、日本ではホンダがインサイトを200万円を切る価格で販売したことからハイブリッドカーへの需要が刺激され、世界と日本が環境とグリーンエネルギーに関連した企業の発展が期待できる今日、これらの関連企業へ今から投資することで将来の大きなリターンを期待できる可能性が大なのでは。

●トヨタグループ以外の企業にも将来的には投資することも
「トヨタFS・ハイブリッドカー・ファンド」は、組入銘柄はトヨタ関連の会社に限定されているわけではありません。トヨタ・ハイブリッドカーに関連する企業であればトヨタグループ以外の企業も主要な投資対象に含まれます。
"トヨタ自動車関連以外の企業の株式にも投資できます。ホンダ(本田技研工業)を含めて他社のハイブリッドカーに関連する企業に投資しない決まりはございません。"
という一文もホームページへ記載されています。
つまり、ハイブリッドカーに関連する企業で、成長が期待される企業であれば、トヨタグループ以外の企業にも投資していくということです。

●クリーンエネルギー発展の要の一つ蓄電池(バッテリー)技術
ハイブリッドカーをはじめとするモーター駆動車(代表的なのは電気自動車)の進化の歴史は、バッテリーの進化の歴史だと言ってもいいくらいです。このバッテリーは、太陽光発電などのクリーン・エルネギーの発展と普及においてもカギを握る技術とも言われています。バッテリーの高性能化とコンパクト化を先導しているのがハイブリッドカーに搭載されるバッテリーです。
つまりは、ハイブリッドカーと共に技術発展してきた企業が、ハイブリッドカー以外の分野でもその技術が必要とされ、将来的に大きく成長する可能性があるとも言えます。

●1万円からの積立購入も可能
トヨタFS証券が販売する「トヨタFS・ハイブリッドカー・ファンド」 は、トヨタFS証券の「ファンド・ツミタテ」の対象商品となっています。1万円以上1000円単位で毎月の積立購入ができます。
また、年2回の積立月に通常月と異なった積立金額を指定できます。例えばボーナス月など。

●「トヨタFS・ハイブリッドカー・ファンド」(追加型株式投信)

申し込み単位販売手数料 1万円以上1円単位
申し込み手数料
1,000万円未満 基準価額の2.10%(税込)
1,000万円以上 1億円未満 基準価額の1.575%(税込)
1億円以上 基準価額の1.05%(税込)
信託財産留保額 基準価額の0.3%(売却時)
設定日 2009年3月27日
信託期間 2019年3月27日まで
運用会社 新光投信株式会社
受託銀行 中央三井アセット信託銀行
販売会社 トヨタFS証券


トヨタFS・ハイブリッドカー・ファンド 詳細とお申し込みなど >>


▲ このページのトップへ
ノーロード投資信託取り扱い金融機関
 フィデリティ証券
 セゾン投信
 ひふみ投信
 マネックス証券
 楽天証券
 カブドットコム証券
 SBI証券
コンテンツ・メニュー
 信託報酬に気をつけよう
 投資信託の選び方
 分散投資について
 管理口座は少なく
 インデックスファンドとアクティブファンド
 積立型投資信託
 ファンド・オブ・ザ・イヤー 2009
 
 運営者プロフィール
リンク
 相互リンク依頼とお問い合せ先
 お役立ち相互リンク集
 

 
 
 


Copyright(c)2008 ノーロード投資信託購入ガイド All Rights Reserved.