初心者のためのノーロード投資信託購入のガイドサイトです

ノーロード投資信託購入ガイド
トップページ | 信託報酬に気をつけよう | 投資信託の選び方 | 分散投資について | 管理口座は少なく | インデックス型ファンドとアクティブ型ファンド | 積立型投資信託

積立型投資信託

投資信託購入といえば、大きな金額を用意して購入するとイメージを持っている方も多いのですが、1口1万円前後から購入できる投信も多いですし、毎月5千円〜1万円ずつ積み立てていくことができる投資信託もあります。代表的なものでは一つの投信で分散投資できる「セゾン投信」「ひふみ投信」があります。
また昨今は、若年層の間で資産の長期運用・長期資産形成として投信が注目され始められていることなどから、「カブドットコム証券」「楽天証券」「マネックス証券」「SBI証券」は、1千円からの積立信託をはじめています。

 

1千円からの積立投信できることから、例えば月1万円を資産分散型投信の「セゾン投信」へ投資してリスク分散を図るという投資の仕方から、同じ1万円を日本株投信へ2千円、外国株投信へ2千円、海外債券へ2千円…、などと自身で分散投資してリスク分散するという投資の仕方へシフトするというやり方も選択できます。

積立できる投資信託のほとんどは、毎月一定額を自動で積み立てるようになっていることから、自動積立投資信託と呼ぶ場合もあります。自動積立投資信託は、銀行口座や証券口座から毎月自動的に引き落とされて積み立てられるので、毎月投資信託を購入する手間もありません。積立預金のような感じで投資信託を積立購入していきます。

積立型の投資信託を購入する層としては、20代〜40代のこれから資産を形成していく世代の方々に向いているのではないかと思います。
毎月一定額をコツコツ買い足していくので、自分の収入に合った無理のない額でも始められ、時間分散によるリスクの軽減効果もあります。

例えば、月3万円を投資信託購入に当てられるのでしたら、日本株インデックスファンドに1万円、海外株インデックスファンドに1万円、海外債券インデックスファンドに1万円、と3つのタイプの投資信託へ分散投資して積み立てていくとい良いと思いますし、
月に1万円を投資信託購入にあてるのでしたら、分散投資についてのページでご紹介した「資産分散型投資信託(バランス型)」を月1万円ずつ購入して積み立てていくと良いのではないでしょうか。

金銭的に余裕が出たときは、積立型とは別に買い足していくのも良いと思います。

積立型投資信託は、毎月設定する購入額を積み立てていきますが、ボーナス時期など任意の月を年2回設定して積立額を増額することもできます。

また、毎月の買付け日が決まっている会社(例えばセゾン投信)と、自分で自由に買付け日を決められる会社(例えばカブドットム証券)があります。

それと、銀行口座や郵便局の口座から自動振替で積み立てが出来る会社(例えばセゾン投信やカブドットコム証券)や、証券総合口座(MRF)へあらかじめ入金しておきそこから引かれて積み立てられていく会社(例えばSBIド証券)があります。

月々5000円から積立できるセゾン投信
ひふみ投信

<スポンサードリンク>


▲ このページのトップへ
ノーロード投資信託取り扱い金融機関
 フィデリティ証券
 セゾン投信
 ひふみ投信
 マネックス証券
 楽天証券
 カブドットコム証券
 SBI証券
コンテンツ・メニュー
 信託報酬に気をつけよう
 投資信託の選び方
 分散投資について
 管理口座は少なく
 インデックスファンドとアクティブファンド
 積立型投資信託
 ファンド・オブ・ザ・イヤー 2009
 
 運営者プロフィール
リンク
 相互リンク依頼とお問い合せ先
 お役立ち相互リンク集
 

 
 
 


Copyright(c)2008 ノーロード投資信託購入ガイド All Rights Reserved.